日々淡々と

直観や気分、時々感情に任せて綴るメモ的ブログです。

日本戦でやっぱり感じたプロ集団の機能不全

日本のサッカーが各関係者の協力のおかげでどんどんレベルアップしています。

私が思うサッカー熱の立役者の原点はやはり中田英寿さんです。

 

ひと昔前の日本のスポーツといえば野球。

そこにプレーを通してサッカーの面白さを伝えてくれたのはやはり彼です。

得点以外でのピッチでの動きやスルーパス、戦車のような軸のぶれないドリブル。

圧倒的な存在感でした。

 

 

前置きが長くなりましたが、私が今回書きたかった内容は別にあります。

それは日本戦を見てきて毎回感じていたことでもあります。

 

結論からいうとシュート数の少なさです。

それもミドルシュートの数といったら圧倒的に少ない。

今大会は堂安選手が決めたので印象に残っているかもしれませんが、悪い意味で日本の伝統ともいえるくらい離れたところから打たない。

打つ本数が決まっているんですか?と思いたくなるくらい少ない。

 

スタッフも含めてプロフェッショナル集団の集まりどうしが真剣に戦っている試合であることは理解しています。でも点を取るスポーツである以上、相手の守備の脅威になるような戦術のバリエーションは増やす必要があります。

 

日本はかのバルサのような繋いでゲームを作っていくチーム作りをし続けています。

高い技術を持った選手がたくさんいますから悪いことだとは思いません。ただ、繋いだ末に決定機を作れているかというところと実際に決められているかというところを見ると不満が残ります。

 

私が最もやるせなさを感じるシーンは

・(ゴール前まで繋いだのに)自分で打たない。

・シュートを引っぱって引っぱって・・最後に枠にすらいかない。

 

素人が見ても点が入らない理由がわかります。

シュートはどこから打ってもシュートです。

近くから打てば入る確率は当然上がるでしょう。

でもそこまで運ぶのが難しいなら、前が空いたらゴールを狙う。

これって超シンプルじゃないですか?

 

ちょっと強引なシュートだって入るかもしれない。

ディフェンスに当たってコースが変わってゴールするかもしれない。

キーパーが弾けば味方がつめてゴールになるかもしれない。

決定率が悪いなら打つ数を増やしかありません。

そもそも打たなければゼロはゼロのままです。

 

シュートを打つ選手が増えれば、シュートを打つ機会が増えればディフェンダーとしては守りづらいはずです。それだけパターンが増えるわけですから。味方との連携にも当然影響するでしょう。

 

どの分野でもそうですが、プロフェッショナルが集まるとうまく機能すればイノベーションがおきますが、逆に働くと頭でっかちになり機能不全になります。専門家が集まり過ぎるときれいに物事を進めようとします。泥臭さや粘り強さがもっとも脅威なのに。

 

大会近くなると著名な解説者や選手が日本戦について分析し、様々なコメントを出しています。キーマンはだれでどういう戦術でのぞむのか・・。

でもそれを見るたびに私は思うのです。

結局はシュートを打つ意識のある人がチームにどれだけいるかでしょと。

こぼれ球が来たときに、前に少しでもスペースができたときに迷わずシュートを打てる選手が日本代表にどれだけいるでしょうか。

 

チーム全体として、ポジションごとのシュート数をペナルティ付きで決めたらどうなるのでしょうね。そのくらいシュートへの意識が欠けています。

失点はほとんどしないけれど、自らシュートも打たず相手のミスによる得点を狙っているチーム。一方は失点もするけどばんばんシュートを狙う攻撃的なチーム。

あなたはどっちのチームに魅力を感じますか?